ABOUT

世界遺産の聖地、 熊野本宮に伝わる天日干し釜炒り茶。 神宿る熊野の山で生まれ育った茶葉を伝統製法で。地元で「番茶」と呼ばれ自家用茶として親しまれてきたこのお茶は、一般的な摘み残りで作る番茶とは違い、一番茶で作られます。二度の焙煎と天日干しを経て手間暇かけて作る、独特の製法が特徴です。